眼科用語集

用語集

  • >> 白内障について
  • >> 緑内障について
  • >> 糖尿病網膜症について
  • >> ドライアイについて
  • >> 飛蚊症について
  • 白内障について

    水晶体とは
    目はよくカメラにたとえられますがレンズにあたるのが水晶体で、フイルムにあたるものが網膜です。人間の水晶体は大きさ約9mm、厚みは3〜4mmです。若い水晶体は 弾力性に富み厚くなったり薄くなったりすることによって、遠くも近くもピントを合わすことができます(調節力)。その調節力が徐々に低下してくるのが老眼で遠方がもともとよく 見える方は近くが見にくくなってきます。40〜50歳頃から老眼鏡が必要になります。 近視の方でも同じように起きておりピントの合う範囲が狭くなってきます。
    白内障とは
    水晶体がなんらかの原因で濁ってくるのが白内障です。カメラのレンズが曇ってきた状態と考えてもらえば良いと思います。白内障が出てくるとかすみ目、視力低下、ものが2重3重に見える、光がまぶしい(特に夜間の対向車の光)、だんだん近くが見やすくなってきた、など症状が出てきます。白内障の原因の多くは年齢によるもの(加齢性白内障)ですが、外傷後に早く出てくる場合(外傷性白内障)、全身的な病気によって起きてくる場合(糖尿病性白内障・アトピー性白内障・代謝異常にともなう白内障など)目の病気に伴う白内障(ぶどう膜炎に伴う併発白内障、網膜色素変性症に伴う白内障)お薬などに伴う白内障(ステロイド白内障、放射線白内障、紫外線白内障)、先天性白内障などがあります。
    治療
    日常生活にそれほど不自由がない場合には進行のスピードを少し抑えるために点眼薬などで様子を見ます。ただ点眼薬だけでは一度濁ってしまった水晶体は元には戻りませんので視力を回復させることはできません。 新聞やテレビがかすんで見にくい、車を運転すると対向車のヘッドライトがまぶしい、外にでると極端にまぶしいなど日常生活に支障が出てくる場合は白内障の手術を考えられたほうが良いでしょう。極端に進んだ白内障を除いて多くの場合は少し待ってもそれほど問題がありませんので、お体に御病気のある方などは体の状態が落ち着いてから手術を受けられたほうが安心です。
    白内障手術(水晶体再建術)
    白内障手術は多くの場合局所麻酔で手術が行えます。ですからご高齢の方でも安心して行えます。 眼の手術というととても痛いイメージがありますが、実は麻酔も良く効きますので、皆さん案外楽だったと言われます。 多くの場合白内障手術は超音波乳化吸引術で行います。黒目(角膜)と白目(強膜)の間に2〜3mmの切開を入れて手術を行います。水晶体は袋にくるまれておりますので、 その袋(前嚢)に丸く窓を開けていきます。そして袋を傷つけないようにして水晶体の中身(水晶体核)を超音波で砕きながら吸引していきます。そして残した袋の中に水晶体の代わりとなるレンズ(眼内レンズ)をいれます。一度入れた眼内レンズは基本的には 一生使え、取り換える必要がありません。 近年白内障手術器械が進歩した影響もあり安定した手術が行えるようになりました。 特に当院では最新の白内障手術器械を使用しており皆様に安心して手術を 受けていただけます。
    白内障の手術後
    手術後はしばらく目が充血したり、ゴロゴロしたり、涙が出たりしますが1〜2週でおさまってきます。手術直後はまだ少しかすんだ感じがあります。術後2〜3か月間は術後の炎症を抑えたり、感染症を起こしたりしないように点眼薬をきっちりさすことが大切です。 術後の眼は外力に弱く、感染も怖いので目を強くこすったり、ぶつけたりなさらないで 下さい。 白内障手術は濁ったレンズを取り換える手術ですので白内障の分のみ見やすくなりますが、ほかに御病気があると(角膜、網膜、脳などの異常)視力が出にくいことがあります。 また現在保険診療で使える眼内レンズは単焦点ですので、メガネは必要です。

    pagetop

    緑内障について

    眼圧とは
    眼の中では房水という液体が流れております。その房水の産生と排出のバランスによって眼の硬さがある程度の圧力で保たれております。この眼の硬さを眼圧と言います。 健康正常人の眼圧は10〜21mmHgと言われていますが、正常値であっても緑内障をおこす方もたくさんいらっしゃいます。
    緑内障の定義
    以前は眼圧が高いことによって眼の神経(視神経)が障害され視野や視力に影響がでることを緑内障と言っておりました。しかし最近眼圧が正常であっても緑内障を起こす(正常眼圧緑内障)方が多くいることが分り、眼圧が緑内障の定義から外されました。緑内障診療のガイドラインでは「視神経乳頭の異常と特徴的な視野の変化の両方あるいはどちらかがあり、眼圧を十分に下げることで視神経障害の改善あるいは進行を防止できる可能性のある病気」と定義されました。難しい定義ですが緑内障と診断するには眼圧だけでなく視野や視神経の状態で総合的に診断する必要があります。
    緑内障の頻度
    最近日本人の40歳以上の17人に1人が緑内障であるということが報告されました。なんとそのなかの62%が眼圧に異常のない正常眼圧緑内障であることもわかりました。
    緑内障のタイプ
    緑内障にはいろいろなタイプがありますが、大きく分けると閉塞隅角緑内障と開放隅角緑内障とがあります。閉塞隅角緑内障とは房水の出口である隅角というところが閉塞して眼圧が上がるものです(下水溝に栓をしたようなもの)。特に隅角が急につまって急に眼圧が高くなるのが急性閉塞隅角緑内障(緑内障発作)といい、視力低下、眼の充血以外に激しい頭痛、吐き気などが起きます。頭痛・吐き気で内科に受診される場合もあります。急激に視機能が悪化してしまいますので緊急な治療が必要になります。若い頃人に自慢できるような視力(遠視気味)の方で起きやすいと言われています。 一方、開放隅角緑内障は房水の出口が目詰まりを起こして(下水溝の流れが悪くなったような状態)うまく房水を排出することができなくなり、慢性的に眼圧が上がり徐々に視神経に障害が出てきます。多くは無自覚のまま少しずつ視神経障害が起きてきて徐々に 視野、視力が悪くなってくるような状態です。視野欠損や視力障害など自覚症状がでてくるとかなり進行した緑内障である場合があります。最近、眼圧が正常の範囲なのに視神経に障害が出てくる正常眼圧緑内障が日本人に多いことが分りました。なんと日本人の40歳以上の28人に1人が正常眼圧緑内障!?という報告です。40歳を過ぎたら検診を受けることが重要です。
    緑内障の検査
    1. 眼圧検査
    2. 直接測定器具を目に当てて測定する方法と空気を目に当てて測定する方法があります。
    1. 眼底検査
    2. 視神経乳頭のへこみ具合(陥凹の程度)を見ることによって視神経の障害の程度が分ります。
    1. 視野検査
    2. 見える範囲を調べる検査です。緑内障の進行具合が判断でき、もっとも大切な検査です。
    緑内障の治療
    緑内障の治療は眼圧を下げて視野欠損の進行スピードを出来るだけ抑えるのが 目的です。現在の医療では悪くなってしまった視野や視力を回復することは出来ません。
    1. 薬物治療
    2. 眼圧を何度か測定しその人の基礎眼圧を測ったあと、まずは点眼薬や内服薬などで治療を始めます。 房水の産生を抑制したり、房水の流れを良くしたりするお薬を使います。
    1. レーザー治療
    2. 房水の出口が塞がる閉塞隅角緑内障(急性緑内障発作)や薬物療法で眼圧が コントロールできない場合レーザー治療を行う場合があります。レーザーは痛みもあまりなく、診察室で行えます。
    1. 手術治療
    2. 点眼や内服治療で眼圧がコントロール出来ない場合や視野が進行していく場合、緑内障手術が必要になります。手術には大きく分けて2つあります。もとの房水の出口(房水流出路)を切り開く線維柱帯切開術と、房水を結膜下に漏らす線維柱帯切除術とがあります。緑内障の種類や進行程度によって 使い分けます。いずれの手術も白内障の手術のように手術ですっきり見えるようになるのではなく、手術をすることにより眼圧を少しでも下げ進行のスピードを 遅くするのが目的です。

    pagetop

    糖尿病網膜症について

    糖尿病網膜症とは
    糖尿病網膜症は糖尿病腎症、糖尿病神経症とともに糖尿病の3大合併症の一つで、日本人の失明原因の第2位(最近になって緑内障が第1位となりました)を占めています。糖尿病になって10年ほど経つと、いろいろなところの毛細血管が障害されてきます。この毛細血管の障害が糖尿病の3大合併症の主因となります。 眼の網膜(光を感じる神経でできた膜)にも無数の毛細血管があります。これらが血糖の高い状態が続くことによってその毛細血管が少しずつ障害されてつまってきたり、血管壁がもろくなって出血や浮腫を起こしたりします。血流が悪くなって網膜が酸素不足(虚血)や栄養不足になってくると網膜から未熟な血管(新生血管)が生えてきます。この新生血管はもろいため、大きな出血を起こしたり、出血を起こすと網膜の上に膜(増殖膜)が張ってきます。増殖膜が張ってくると網膜剥離の原因となってきます。糖尿病網膜症は10数年かけてゆっくり起き、かなり進行するまでは自覚症状が全くないため、視力低下してから受診するとかなり進行した状態になっている場合があります。ですから糖尿病の方は自覚症状がなくても定期的な眼底検査がとても大切です。
    糖尿病網膜症の分類
    糖尿病網膜症の進行の程度で分類すると大きく3種類に分けることができます。
    1. 単純糖尿病網膜症
    2. 糖尿病網膜症の初期の状態で、毛細血管の小さな血管瘤(血管のコブ)や点状やシミ状の出血が出現してきます。また血管から血液の成分が漏れ出て血液成分のかたまり(硬性白斑)が出現してきたりします。この段階では多くの場合まだ自覚症状がありません。
    3. 前増殖糖尿病網膜症
    4. 単純網膜症がもう少し進んできて、網膜の毛細血管が目づまりを起こしてきた状態です。網膜の虚血(血流が悪くなった状態)をしめす軟性白斑(網膜に綿の様な白い斑点ができます)が多数出現してきます。造影剤を用いた眼底検査(蛍光眼底撮影)を行うと毛細血管がつまっている状況が良くわかります。このままだと新生血管が生えてきて増殖性変化を起こしてきますので、レーザー治療が必要となります。この段階でも自覚症状はあまりない場合がほとんどです。この段階でちゃんとレーザー治療が行えると増殖糖尿病網膜症への進行はかなり抑えることが出来ます。
    5. 増殖糖尿病網膜症
    6. 網膜の血流が悪くなってくると(網膜虚血)、それを補おうとして新生血管という未熟な血管が網膜から生えてきます。新生血管は脆い血管ですので硝子体(卵の白身のようなものが眼につまっています)に出血を起こしたり、増殖膜を形成したり、時には網膜剥離を伴ってきます。この頃になってようやく自覚症状が出現してきます。急に視力が低下したり、赤黒い影が見えたり、視界の一部が見えなくなってきたりします。早急なレーザー治療が必要になりますが、レーザーは新たに新生血管を生えてくるのを抑えることが出来ても、一度出来てしまった新生血管を取り除くことは出来ません。 この段階になると手術が必要になる場合が多いですが、手術がうまくいっても視力回復が難しい場合があります。またこの段階になると血糖値にかかわらず網膜症は進行していきます。もちろん糖尿病のコントロールが悪ければより一層悪化しますので糖尿病のコントロールは必須です。

    7. これら以外に糖尿病黄斑症と言って網膜の一番視力の出る場所(黄斑)に血液の水分が漏れ出てむくみ(黄斑浮腫)が出てきたり、硬性白斑(血液成分の塊)が黄斑に沈着して視力が下がってくることがあります。 これは単純網膜症の段階でも起きます。レーザーを行ったり手術を行ったりしますが治療してもなかなか治療効果が低く、一番視力の出るところが障害されますので急激に視力が下がってきます。糖尿病のコントロールの悪い方や高脂血症を伴っている方に起きやすいので注意が必要です。
    糖尿病網膜症の治療
    糖尿病網膜症の進行の程度で分類すると大きく3種類に分けることができます。
    1. 血糖値のコントロール
    2. 網膜症の進行のスピードを遅らすには、まずは糖尿病のコントロールが大前提です。いくら眼の治療をしても糖尿病のコントロールが悪いとそれ以上に網膜症は悪化していきます。逆に単純糖尿病網膜症であれば糖尿病のコントロールだけで眼底出血が改善することがあります。 網膜症の進行を抑制するにはどれぐらい血糖値をコントロールするべきかが一番知りたいことですが、1つの目安として、単純網膜症までの段階ならKumamoto Studyという研究ではHbA1Cが6.5%未満、空腹時血糖値が110mg/dL未満、食後2時間血糖値が180mg/dL未満だと網膜症の悪化が少ないとしております。 糖尿病のコントロールだけでなく、高脂血症や高血圧があれば悪化の要因になりますので、そのあたりのコントロールも大切です。 ただし糖尿病網膜症がある程度出てきた段階で急激に血糖コントロールをするとかえって網膜症が悪化することもありますので、眼科医、内科医とよく相談しながらゆっくりと確実にコントロールしないといけません。
    3. 網膜光凝固術(レーザー治療)
    4. 多くの場合前増殖期以降に行います。通院にて数度に分けて行います。網膜に虚血性変化が出てきた段階で虚血網膜をレーザーにて一部焼きます。それによって新生血管の発生を予防したり、新生血管の勢いを抑えたりします。正常な網膜の一部を間引きすることによって他の網膜の機能を維持するのが目的になります。網膜症の悪化を少しでも抑えるのが目的で、網膜を正常にするためのものではありません。(視力改善を目的としたものではありません。)レーザーすることによって少し見にくさがでることがありますが、将来の失明を予防するための大切な治療となります。
    5. 硝子体手術
    6. 増殖性変化が強くなり、網膜光凝固術だけでは進行を抑えきれない例や、すでに硝子体出血、網膜剥離を伴っている症例が適応となってきます。 白目(強膜)に3か所穴をあけて、増殖膜や出血などを細かい器械を用いてできるだけ取り除く手術です。非常に難しい手術で複数回手術が必要な方もおられます。この段階になると出血や増殖膜をどれだけきれいに取り除けても網膜の機能が悪く、視力が出にくい方もいらっしゃいます。 糖尿病網膜症は日頃からの定期検査が大切で、早め早めの治療を行うことができれば、失明に至ることはめったにありません。見えているから大丈夫だと検診を怠るとかなり進行した状況になっていることがありますので注意が必要です。

    pagetop

    ドライアイについて

    ドライアイとは
    涙は眼の表面を覆っており、眼に傷がつきにくくしたり、異物を洗い流したりするバリアのような働きをしております。 その涙が少なくなったり涙の成分のバランスがくずれると角膜や結膜が乾燥して傷がついたりしてきます。この状態がドライアイです。眼の肌荒れのような状況になります。眼の乾燥感として自覚される方もありますが、むしろ別の症状として自覚することがあります。 「眼が疲れやすい」「なんとなく違和感を感じる」「眼がゴロゴロする」「まぶしい」「物がかすんで見える」「涙がでる」「眼がよく充血する」「目やにが出る」「眼がかゆい」などのいろいろな症状がでます。なんと眼の疲れを感じる方の約86%にドライアイがあることが分かっています。
    ドライアイの原因として
    1. 空気の乾燥
    2. 夏のクーラーや冬の暖房でお部屋が乾燥していると眼から涙が蒸発しやすくなります。空調の風が直接あたるのもあまりよくありません。自転車に乗ると涙がでるというのもドライアイの症状の場合があります。
    3. まばたきの減少
    4. パソコンやテレビ、携帯メール、テレビゲームなど(VDT作業)や読書など集中して見ているときは瞬きの回数が減少しています。車の運転などでも集中しているとかなり瞬きの回数が減っています。
    5. コンタクトレンズ
    6. コンタクトレンズを使用するとコンタクトの表面から涙が蒸発しやすくなります。またまばたきが不完全になることによっても涙の分泌が減少します。
    7. 病気によるドライアイ
    8. シェーグレン症候群といって、膠原病の一種でもドライアイを起こします。中年女性に多い病気で「涙腺」「唾液腺」に対する自己免疫疾患で強いドライアイおよび口内乾燥(ドライマウス)を引き起こします。
    ドライアイの診断
    1. シルマーテスト
    2. 下眼瞼にろ紙をはさんで、出てくる涙の量を測ります。
    3. フルオレセイン染色
    4. 乾燥による角膜、結膜表面のキズを見たり、眼の表面の涙の膜安定性を診ます。
    ドライアイの治療
    ドライアイの治療の基本は点眼で涙を補充することになります。涙を増やすお薬は今のところありません。人工涙液をさしたり、保水効果のあるヒアルロン酸の入った点眼薬をさしたりします。ある程度頻回(日に6回位)にさしていただいたほうが効果はあります。 日常生活では部屋を加湿したり、乾燥防止のために眼鏡やゴーグル状の眼鏡するのもひとつの方法です。コンピューターのモニターやテレビは出来れば目線より下においたほうがドライアイの症状は軽快します。(見上げるようなポジションはドライアイが強くなります) 点眼を頻回にしても症状改善しない場合は涙が鼻へ流れ込む流れ道(涙点)を塞いで涙を眼にとどまらせる治療法(涙点プラグ)もあります。

    自分でドライアイがあるかどうかホームページで試してみることが出来ます。 http://www.help-dryeye.com/index.html

    pagetop

    飛蚊症について

    1. 明るい部屋や白い壁、青空などを見たときに、何かごみのようなもの飛んで見えることがあります。眼を動かすと一緒について動いて見えます。「虫が飛んで見える」「糸くずのようなものが見える」「かえるの卵のようなものが見える」などいろいろな表現がありますが、医学的には「飛蚊症」と言っております。

      眼の中には硝子体といって卵の白身(ゼリー状)のようなものが詰まっています。その硝子体に何らかの濁りが生じ、その濁りが網膜(眼のスクリーンにあたる神経で出来た膜)に影となって映ると飛蚊症として自覚します。

      若いころから飛蚊症の自覚がある方もありますが、多くは40〜60歳頃に出てくる場合が多いです。 これは年齢とともにゼリー状の硝子体が液状化してきます。それに伴って硝子体をくるんでいる硝子体膜が網膜から分離してきます(硝子体剥離)。硝子体剥離がおきると硝子体膜の濁りが自覚されるようになります。この時期が40〜60歳頃に起きることが多いのです。

      若い人でも近視の強い方は硝子体の液化が早く起きますので早く自覚する場合があります。飛蚊症を自覚し始めるころに暗いところでフラッシュをたいたように光って見える(光視症)を伴うことがあります。これは硝子体膜が網膜から分離する際に網膜が刺激されるために感じるものと思われます。

      多くの方の場合特に悪さをせずに硝子体膜が剥離しますが、まれに硝子体剥離を起こす際に網膜を一緒に引っ張って網膜に裂け目(網膜裂孔)を作ったり、網膜剥離を起こしたり、出血(硝子体出血)を起こしたりすることがあります。

      ほかに別の病気で飛蚊症を来たすことがあります。ぶどう膜炎と言って眼の中に炎症を起こすことによって硝子体の濁りが増えて飛蚊症として自覚する場合や、眼の病気(糖尿病網膜症や眼底出血、黄斑変性症など)に伴って硝子体出血を起こし飛蚊症として自覚する場合などもあります。

      ですから飛蚊症の自覚した場合は一度眼科専門医でしっかりと眼底検査を受けるようにしましょう。 また飛んでいる飛蚊症の数が急にたくさん(無数)飛び出した場合や光視症が急に強くなったりするなどの急に変化が出た場合は必ず早く眼底検査をされたほうが良いです。一度眼底検査で大丈夫と言われてもその後に網膜に変化が起きてきている可能性があります。 飛蚊症は病気でないものがほとんどですが、時に網膜剥離等の前兆であったりする場合がありますので、症状を感じた場合は一度きっちりと眼底検査を受けましょう。

      飛蚊症は基本的に硝子体の濁りですので消えてしまうことはあまりありませんが、多くの場合自然に慣れてきます。ただ時々ご自身で片目づつ隠して飛蚊症に変化がないかをチェックしてください。両眼で見ていると片眼での変化が判らないことがありますので。

    pagetop

    携帯サイト

    QRコード
    高島眼科
    携帯サイトはこちらから
    • 高島眼科
    • 〒561-0881
      大阪府豊中市中桜塚2-20-12 田中ビル2F
    • 診療時間表
    • 休診日:木・土曜午後、日曜日、祝祭日
      受付時間:午前は11:30まで、
      午後は6:30まで
      火曜日午後は手術のみ。一般診療はありません。